ベッドの寝心地

ベッドは、寝室で快適な睡眠を得るためには、必要不可欠な寝具です。ただし、毎日寝るために寝室でベッドを使おうと考えると、寝心地に気になる点があります。それは、どうしてもベッドはクッションよりもマットレスを使用しているため、スポットを外すと寝心地が悪いということです。

1日24時間のうち、4分の1から3分の1は睡眠です。毎日、多くの時間を寝室の睡眠で費やすのですから、できるだけ寝室での睡眠は快適にしたいと思うものですが、ベッドはサイズの種類が多く、自分のサイズや寝室のスペースを把握していないと、快適さという点で、物足りない感じが残ってしまうのです。

そのため、ベッドを購入した方々は、夜は毎日寝るベッドとして使っているというのではなく、寝室でのソファがわりとして腰掛けている方も多いのでは?、ベッドは主に寝室での睡眠や、ちょっとお昼寝をするときに使うといった使い方多いでしょう。そのため、実際に寝室でベッドだけの機能を毎日使っているという方は、思ったより少ないというのが現状です。

でも、どうせベッドを購入するなら、寝室での寝心地も求めたいもの。寝心地のよいベッドのサイズや条件というのは、以下のような感じです。

クッション性がよい

クッション性がよいということは、寝室での寝心地の良さと直結します。ソファのクッション性を左右するのは、スプリングとウレタンです。スプリングはウィーブラインと呼ばれるものよりも、コイルスプリングの方がクッション性がよいですし、ウレタンは、密度が濃いものの方がしっかりと体を受け止めてくれるようになっています。

ですから寝心地のよいベッドを選ぼうと思ったら、スプリングにどのようなものを使っているか、またウレタンの密度はどうなっているかということを調べてみるとよいでしょう。

ベッドのサイズをおおきくする

寝室で毎日寝るベッドとしての機能を求めるなら、より大きめのサイズの方がよりベッドとして寝心地は良いでしょう。ベッドのサイズが大きめの方が、手足を伸ばして寝られるため、寝心地もよくなります。寝室とのスペースの問題も絡んでくるのですが、ベッドのサイズは出来るだけ大き目のもを選択したいですね。

寝室での安眠がどの程度のサイズから得られるのかは、人の好みによって変化するので、固い方がいいとかやわらかい方がいいとかいうことは、一概には言えません。ただし、ベッドに寝室での寝心地を求めるなら、5万円前後のベッドが必要です。

安いベッドは、高いベッドに比べて、その分内部機能などに何かしらの差があるのは確実です。内部機能の差は、寝室での寝心地に直結して現れます。ですから、価格がすべての品質を左右するわけではありませんが、一定の質を持っているものを選択した方が、寝室でのベッド選びに失敗がありません。

しかし、予算の関係上それほどサイズの大き目のものや高額なものは買えないということは否めません。そのような時には、ベッドを寝室で利用して寝る時には、1枚敷布団やマットを敷くことをお勧めします。1枚の敷布団やマットだけで寝心地もとても良くなり、ベッド自体もとても傷みにくくなります。

さらに、敷布団やマットがあれば、それを天日干ししたり洗濯したりすることもできるので、清潔に保つこともできます。もちろん、日常的にソファとして使う時にはどこかに畳んでしまわなければなりませんが、毎日布団の上げ下げをするよりも、ずっと負担は少なくなるでしょう。もしどうしても面倒というなら、クッションのようにして使ってもよいかもしれません。

ベッドの中には、安くしてサイズが大きく質の良いものも次々に出てきています。特に無印良品は、ベッドとしての機能がよくサイズの種類も豊富な上、ベッドに収納機能もあるので寝室での使い勝手がよいと評判です。しかも価格も安いので、学生の一人暮らしの寝室にもお勧めできます。ベッドのサイズも豊富なところが最高!重要な事なので2回(ry

実際に寝室で使用するベッドを購入する際には、1つを見て決めるのではなく、いくつか比較して自分が重視するポイントをしっかり押さえてから、ベッドの決定をするようにしましょう。サイズもしっかりと確認しましょう。同じサイズ表記でも実際のサイズに差があると言う事もありますので、タグのサイズだけでなく、自分でメジャーなどを用意して、しっかりとベッドのサイズを測りましょう。寝室で使用するベッドの購入に関しては次で項目で取り扱っています。

寝室のスペース確保とベッドのサイズを理解しよう

寝室でのベッドを購入する時に考えられる方法は主に2つ。実際にお店に行って肌で感じて、体感して自分の体に合ったベッドを購入する方法とオンラインショッピングで視覚だけを使って購入する方法があるでしょう。

オンラインショッピングでは実際に手で触れて感じ取ることは出来ませんが、実際の店舗よりも圧倒的に品数が豊富です。短時間で一度で多くの商品を比較することが出来るのが最大のメリットです。実際のショップに足を運ぶ手間も省けます。実際の店舗で購入するメリットは、買った後のイメージが沸きやすいです。直接ベッドを感じることで、自分の寝室にベッドが来たときの想像が鮮明になることでしょう。

サイズもしっかりと確認できるのが良いかと。特に寝心地に大きく関わってくるサイズを自分の目で確認できるところが大きいと思います。条件や拘りによっても購入方法は変わってきますが、多忙な毎日で時間がない人や、じっくり焦らず選び抜きたい人など方法は百人十色です。

ベッドで大き目のサイズは邪魔だと判断する人もいるでしょう。しかし、サイズの大きいベッドの方がもたれかかる姿勢が楽に取れるのでいいと思う人もいます。サイズが小さめだと見た目はスマートですっきりした印象を与えてくれるので、どちらが良いかは人それぞれですが… これも好みの問題になるでしょう。

寝室の雰囲気を重厚な感じに仕上げたい人なら肘掛があったほうが雰囲気は出るでしょう。逆に、軽い感じで腰掛用として使いたいと思っている人には肘掛は必要ないかもしれません。肘掛は完全に好みや使用用途によって必要か必要ないかは決まるでしょう。この他にも素材やサイズで選ぶ方法もベスト。

ベッドに使われている素材は革質やウレタンやバネなどです。座り心地を重視するならウレタンに注目しましょう。ウレタンの量を増やせばすわり心地は格段によくなり、よりリラックス出来るのでは。ウレタンにも善し悪しがあり、安物のウレタンであると1年もしないうちにふにゃふにゃになり反発しなくなってしまいます。ウレタンは品質に拘って購入しましょう。

ベッドにはリクライニング機能も付いています。何段階にもリクライニングを調整出来たり、低反発性のソファであったりと幅広い。ベッドでゆったりとした時間を過ごすことが最大の目的であり、尚且つお洒落で、部屋の雰囲気とマッチした見た目が要求されます。ベッドに関する情報は溢れています。

激安やセールをうたい文句にしている広告や、高級感や機能性をアピールしている広告など様々です。なるべく安いベッドを考えているならリサイクルショップに行ってみるといいでしょう。中古品ではありますが価格は断然安いです。最近の中古品はメンテナンスがしっかりと行われているので新品同様のものが低価格で手に入ります。

ベッドに使われているカラーバリエーションも多彩で、赤、白、黒、モカブラウンなど多くの種類から気に入った色をチョイス出来ます。便利機能満載のベッドもあります。狭い寝室に、お客さん用にベッドはオールマイティな活躍をみせてくれます。調味料でいうと醤油のように万能です。

春の季節になると引越しや家具の買い替えなどの時期でしょう。新しいスタートを切る時に新しい家具で、気持ちも一新して挑みたいですね。その時にベッドも選択肢の一つとして頭の片隅にでも置いといて下さい。

自分の寝室に新しい風を吹き込むアイテムになります。寝室の狭い空間を有効活用できる家具がベッドです。節約も出来無駄を省く、生活にも財布にも優しいアイテムです。一日の疲れをとるには寝室での睡眠をよくとること。寝室で熟睡するためにはよりよいベッドを選ぶことが大事です。